カウンセリング

女性の天敵|骨粗鬆症を治療する手段を知ろう

このエントリーをはてなブックマークに追加

睡眠時に起こる無呼吸

病棟

眠っているうちに無意識に呼吸が止まってしまう状態を、睡眠時無呼吸症候群と言います。物理的な原因で気道がふさがる閉塞性睡眠時無呼吸症候群と、脳からの指令が滞ることで起こる中枢性睡眠時無呼吸症候群があります。内科を受診することで、シーパップ装置を用いた治療を受けることができます。

More...

特定疾患に指定されている

カウンセリング

潰瘍性大腸炎の原因はまだはっきりとはしていません。消化器官の病気であることから、食事を工夫することでこの病気のコントロールをすることが可能になっています。高カロリーの食事をすることが、勧められています。

More...

樹状細胞を利用する治療法

女性

がん治療のなかでも、研究が盛んに行われているのが樹状細胞療法です。樹状細胞と呼ばれる免疫細胞を培養・強化する事で、がん細胞を攻撃させる治療法です。三大がん治療に比べて、身体的負担が圧倒的に少なく、副作用も殆ど出ません。

More...

女性に多い症状

医者

閉経や加齢が原因

骨粗鬆症は主に加齢により起こる症状と言われています。高齢化が進んでいる日本では、年齢が高くなるほど多くの患者がおり、実に50歳以上の女性の三人に一人の割合で見受けられるようになりました。骨粗鬆症は男性でもみられる症状ですが、圧倒的に女性の患者数が多いです。その理由は、閉経後女性ホルモンの分泌が減少することで骨密度が下がることにあります。更年期以降の女性に多いのは閉経が主な原因です。だからといって若い人に起こらないとは言えず、食生活の乱れや過度なダイエットなどにより、20代でも骨がスカスカになっている人もいます。若いからといって油断は禁物です。バランスのよい食生活と適度な運動を習慣とすることで防ぐことができます。

丈夫な骨に変化させる

骨粗鬆症という言葉は知っていても、これといった自覚症状に気づかずに過ごしていると後に大変なことになることもあります。加齢により、背中や腰が急に曲がってきたり、身長が2センチも低くなるといった症状は要注意です。骨密度を測定し、治療を行わなければなりません。骨密度が低下すると、ちょっとした動作で椎体骨折を起こしやすくなります。骨折の治療で骨粗鬆症と診断されることもあります。骨粗鬆症は適切な治療を行わなければ、転倒や重いものを持っただけでも骨折しやすくなります。それにより、寝たきりになってしまうきっかけになりやすいのです。治療は薬物療法・食事療法・運動療法があります。閉経を迎えた女性は一度病院を受診して骨密度を検査してみましょう。