婦人

女性の天敵|骨粗鬆症を治療する手段を知ろう

このエントリーをはてなブックマークに追加

睡眠時に起こる無呼吸

病棟

呼吸が止まってしまう原因

眠っているときに呼吸が止まってしまう人がいます。一時的に数十秒ほど止まってしまいますが、眠っているときのことなので自覚症状が現れにくいことで知られています。同じ部屋で眠る習慣のある家族が、無呼吸状態に気がつくケースがほとんどです。睡眠中に呼吸がとなってしまう症状を、睡眠時無呼吸症候群と言います。治療をおこなうためには、内科で検査を受けて必要であれば入院をして睡眠時の様子を調べます。睡眠時無呼吸症候群が起こる原因は、ひとつではありません。多くの場合、空気の通り道である気道が何らかの原因で塞がってしまい、呼吸がスムーズにできなくなってしまうことが原因です。この場合、気道がふさがってしまう原因を取り除くことで改善されます。また、数パーセントの割合で、脳からの呼吸指令が出なくなってしまうことで起こる中枢性睡眠時無呼吸症候群と診断される人もいます。

飲酒による割合と治療法

睡眠時無呼吸症候群の症状が起こりやすい人がいます。肥満や喫煙・飲酒は、閉塞性睡眠時無呼吸症候群を起こす割合が高めです。睡眠時の姿勢は一人ひとり異なりますが、仰向けのスタイルだと舌根や口蓋垂が喉や気道を狭めてしまうことがあります。気道が狭まることで、呼吸が正常にできなくなってしまうのです。飲酒によって喉の筋肉が緩んでしまい、症状が起こりやすくなります。治療には、シーパップと呼ばれる装置の使用が効果的です。気道に常に空気を送り続けるために、装置から送られる酸素をチューブで体内にとりいれることができます。正しく装着できているか、使用方法に間違いがないかなど不安な人は、医療機関に入院して調べてもらいましょう。アデノイドや扁桃腺肥大の場合は、摘出手術が必要になることもあります。