婦人

女性の天敵|骨粗鬆症を治療する手段を知ろう

このエントリーをはてなブックマークに追加

特定疾患に指定されている

カウンセリング

原因不明の病気

潰瘍性大腸炎は、腸にただれや潰瘍がおこる原因が不明の病気です。若い人に発症することが多い病気で、赤ちゃんでも発症することがあります。症状がよくなったり悪くなったりを繰り返していき、国によって特定疾患に認定されていますので、申請を行うと医療費の補助が受けられる病気になっています。潰瘍性大腸炎で障害がおこってくるのは大腸だけになっていて、大腸の粘膜を広く浅く傷つけていきます。体の皮膚でいうと、皮膚の表面に広く浅く擦り傷ができたような感じになります。潰瘍性大腸炎は潰瘍の起こり方や、できてくる周期に個人差が大きくあって一時的に症状が治まってしまうこともある病気になっていて、この病気であると診断されるまでに、時間がかかってしまうこともあります。

高カロリーの食事を

潰瘍性大腸炎は以前は有効な治療方法がなく、よくなったり悪くなったりを長い間にわたり繰り返す病気でした。最近は有効な薬が開発されて、治療の方法も増えてきています。潰瘍性大腸炎の原因ははっきりとはしていませんが、消化器官の病気であることから食事に注意をすることで、この病気のコントロールをすることが可能になっています。症状に個人差が大きく出てくることから、何をどれだけ食べても大丈夫なのかも個人差が大きくなっています。いろいろな食材を食べてみて自分に合わない食材を把握することが大切です。原則的には消化器官に負担をかけてしまう脂肪や食物繊維、刺激がある食品は避けることが大切です。治療に必要なエネルギーをとるという観点から高カロリーの食材をとることが推奨されています。