婦人

女性の天敵|骨粗鬆症を治療する手段を知ろう

このエントリーをはてなブックマークに追加

樹状細胞を利用する治療法

女性

樹状細胞療法とは新たに研究が進行されているがん治療です。樹状細胞は免疫細胞の一種で、本来がん細胞を攻撃する能力を持っていません。しかし、樹状細胞にがん細胞の情報を与えて機能を強化する事で、がん細胞を攻撃させる事が可能になります。樹状細胞療法は人間が本来持つ治癒能力を強化して行う治療方法で、免疫療法の一つに数えられます。樹状細胞は元々の数が少なく、がん細胞の情報を付与するという作業が必要な事から、体外培養が必要となります。その為、実際に治療を開始するには三週間ほど時間が掛かります。外科治療、化学療法、放射線治療の三大がん治療と比べて患者の身体的負担が圧倒的に少なく、副作用と呼べる症状も硬結や微熱を除けば殆ど出ません。

樹状細胞療法には三種類のアプローチが存在します。一つ目は人工抗原樹状細胞ワクチン療法です。攻撃するがん細胞の目印に人工抗原を使用する方法ですが、白血球の型が適合しないと治療を受ける事ができません。二つ目は自己がん組織樹状細胞ワクチン療法です。一つ目の人工抗原樹状細胞の代わりに患者自身のがん細胞を目印として使用します。短所はオーダーメイド治療なので治療費が割高なのと、一センチ角以上の腫瘍が必要となります。三つ目は局所樹状細胞ワクチン療法です。がん細胞に直接注入する方法で確実性は高いですが、直接確認できる位置にないと治療できません。樹状細胞療法自体に即効性はありません。半年、あるいは一年先の未来を見据えた治療法です。